Take it easy

ドラマ、映画、漫画、コスメ、グルメetc...

映画「天使の恋」


2009年の映画



スクールカースト上位の女子高生小澤理央(佐々木希)は、過去にレイプされ妊娠したが堕ろした経験から他人のことを信用できず、お金のみに価値を見出し、利用できる人間としか付き合わないようにしていた。



援助交際、いじめ、恐喝など悪いことばかりしていたが、35歳の大学講師小澤光輝(谷原章介)と出会い、恋をして人間的な感情を取り戻していく。


出会いは、理央が現像した写真が小澤光輝のものと間違えて渡されていたため、それを交換するために会った時だった。理央が「急いできたので傘を忘れました。駅まで入れてください」と言って駅まで光輝と歩く。光輝は無愛想だった。



それから理央は光輝に勉強を教えてもらって、100点取れたらデートすると約束してもらい、デートすることになる。


距離も縮まっていき、図書館の影でキスするところすごく良かった。


f:id:takayo575:20170811215143j:plain


f:id:takayo575:20170811215200j:plain


だが、ある日突然光輝が理央の前から姿を消す。光輝は重い病気を患っておりもう先が長くなかった。手術をすれば行きられるが記憶が消えてしまう。その時理央は「わたしが覚えておくから手術して」と言って手術することになった。


18歳になって光輝と再会すると光輝は理央に「こんにちは」と言った。理央のことを覚えていないようだった。

理央は、「急いできたもんだから傘を忘れました。駅まで入れてください」と言った。


駅で「ありがとうございました」と言って別れたが、いてもいられなくなった理央は「光輝!」と言って光輝に抱きついた。



おわり



佐々木希スクールカースト上位者感がすごかった。



f:id:takayo575:20170811215601j:plain



原作がケータイ小説だし、主人公佐々木希だから演技そうでもないかなーと思ってあまり期待しないで見たけど意外と良い物語だった。佐々木希は本当に天使!!

ラストの先生が覚えてないところは切なかった...(´•̥ω•̥`)





映画「百円の恋」簡単な内容と感想


2014年公開の映画


[内容]

斎藤一子(安藤サクラ)は32歳にもなって実家に引きこもり自堕落な生活を送っていた。ある日妹と大げんかになり、一子が家を出て行くことになる。

あても金もない一子はしかたなく深夜の100円ショップで働き始める。


一子の唯一の楽しみは近くのボクシングジムで練習する狩野(新井浩文)を見ることだった。

そんな狩野はいつも100円ショップでバナナを買って行くので店員にバナナマンと言われていた。


ある日狩野がバナナを買った時、「お金忘れた」と言ってボクシングのチケットをくれる。それは狩野の引退試合のチケットだった。



一子はバイト先のおしゃべりおじさんと試合を見に行き、ボクシングに強い羨望を抱き自らもボクシングを始める。一方、引退試合で負けた狩野は自暴自棄になり、100円ショップでゲロを吐く。



そんな狩野を一子は介抱するうちに2人は体を重ねるようになり、2人の生活がはじまるのだが、すぐに狩野は帰ってこなくなる。


「百円程度の女」だったと自分を奮い立たせ、一子はボクシングにのめり込んでいき、確かな希望を見出す。



[感想]


シュールなシーンでも、100円ショップのテーマソング「100円♩100円♩100円生活♩安い!安い!」みたいなのが流れててじわじわきたw


最初の一子と妹が喧嘩するシーンガチって感じでやっぱ安藤サクラ演技うまいな〜〜


100円ショップのおしゃべりおじさんまじクズすぎだった。一子を強姦したうえ店の金持って逃げるとかwww

100円ショップはクズな奴らばかりだった。

辞めさせられたのに廃棄取りにくる廃棄おばさんも笑えるwww

最後は廃棄じゃなくて店の店員を包丁で脅して金奪って去るシーンでもあの陽気な100円ショップのテーマソング流れててじわるwww


一子が風邪で倒れた時狩野が料理?作ってくれたんだけどクッソ硬い肉であまりの硬さに箸折れてんの地味に笑えるw 病人にそんな硬いもん食わせんなwwww


狩野はいつもバナナ買うんだけど、バナナ持って帰らないのほんと意味不明w


あと、狩野が一子の家を出た後に豆腐売りの女と付き合い始めていっしょに豆腐売ってんだけど、「男は豆腐〜女はなお豆腐〜♩」ってなんだよwww


ある日狩野が1人で豆腐売ってて一子がボクシングの練習しているのを発見してボーーっと見てたら知らん奴に豆腐の車持ってかれてるの笑える。狩野気づいてないしw



一子は最後ボクシングの試合負けてしまったけど、かっこよくてわたしもボクシングやりたくなってしまった...笑




この系統の顔はぜったいモテる!!!



映画を見てたら宮崎あおい島崎遥香がどことなく似てるな〜と思えてきた。



f:id:takayo575:20170811122010j:plain


これが宮崎あおい



f:id:takayo575:20170811122049j:plain


こっちが島崎遥香


画像とか見てるとそこまで似てないんだけど、なんとなく似てる!



で、ネットとかでよく宮崎あおいに似てると言われてるのが...



f:id:takayo575:20170811122507j:plain



二階堂ふみ!!




ネットにはこの2人の見分けがつかないって書いてあったけど、個人的には透明感がある方が宮崎あおいだと思ってる。


f:id:takayo575:20170811122629j:plain



島崎遥香に似てる人は、

f:id:takayo575:20170811122737j:plain


大橋のぞみ!!!




今JKらしいけどぜったいモテるだろ....笑


この人たちに共通してるのは、ぱっつん前髪が似合う童顔さと、目の二重の具合とか?実際は知らないけど、いじってない自然でくっきりしすぎてない二重が似てるかも。





この髪型が似合う女、可愛い奴しかいない説



映画みててふと思ったんだけど、この髪型似合う女美女しかいない!!!



f:id:takayo575:20170811035831j:plain


水原希子



f:id:takayo575:20170811035919j:plain



佐々木莉佳子(アンジュルム)





f:id:takayo575:20170811040005j:plain



清水富美加



f:id:takayo575:20170811040037j:plain



ちえみ







おわり





映画「ヘルタースケルター」の目を背けたくなるシーン


今日は2012年の映画、「ヘルタースケルター」を観ました。



個人的に目を背けたくなるシーンを発表します☆



ちなみにこの映画は、人気ファッションモデルで全身整形女りりこ(沢尻エリカ)の話。(雑ですまんwwww)




①りりこ(沢尻エリカ)がなぜかマネージャー(寺島しのぶ)に欲情して濃厚なキスした後にま◯こ舐めさせるシーン


実際には舐めるところは見えてないけど、女が女にってうわぁああって感じだった。



②マネージャーの目の前でマネージャーの彼氏(綾野剛)とりりこがセックスするところ


常日頃からマネージャーはりりこに振り回されて可哀想なのにこれはまじ可哀想すぎだから!!てか、彼氏も断れや!!なに硬くなってんねん!!ww


③りりこが顔のお直し(整形)の時手足縛られて顔にぶっとい針がぶっささってるシーン


単純に痛そう....


④世間にりりこが全身整形の記事が流れ、記者会見に出た時、ずーっと黙ったままだったのだがいきなり立って自分の目に刃物をぶっ刺すシーン


だから、痛いって....目見えんくなるぞ(T . T)





こんな感じでした。

映画の最初の方でエリカ様のヌードがあり、濡れ場もありで衝撃的だった!!沢尻エリカってここまでやるの?!的な。

でもまぁ、この役はぜったい沢尻エリカじゃないとできないやろな!

蜷川実花が監督だから、なんて言うんだろ、世界観も綺麗だった。



途中りりこが病んで薬を大量摂取してて幻覚で浸かってる風呂が薬だらけになったのちょい笑えたわw





映画「好きっていいなよ。」 感想


少女漫画が原作の2014年の映画。

[内容]

クラスで地味な橘めいは、階段を登ってる時に男子にふざけてスカートを引っ張られる。振り向きざまに思い切り蹴ったら、引っ張った方の男子ではなく、いっしょにいた、モテ男の黒沢大和を蹴ってしまう。


それから大和は、めいのことが気になる存在になり番号を渡す。

めいがバイトから帰る時ストーカーに追われている時に大和に助けてと電話する。すると、すぐに駆けつけてくれてストーカーを追い払うためにめいにキスする。


めいはそのキスが初めてであり、そんな簡単に誰とでもキスするのかと戸惑うが大和は好きなやつにしかしない的なこと言って2人は付き合うことになる。


めいは過去のトラウマから他人は絶対裏切るものだと思い、他の人との関わりを避けてきたが大和と付き合いはじめ、交友関係も充実してくる。


学年が上がる時に新入生に大和の中学時代いじめから守ってやれなかった友達のカイくんが入学してくる。めいといじめられた過去が似てることから仲良くなり、カイはめいのことを好きになる。めいとカイが仲良くしてるのを見て大和は嫉妬する。大和はめいに離れていくなよって言う。



ある日大和にモデルにならないかとの話があり、1日だけモデルの撮影に行くことになりめいたちも撮影の様子を見に行く。めいは、その撮影を見ていて大和と撮影のモデルが楽しそうに密着して撮影してるのをみてその場から逃げ出して泣いてしまう。それからまたモデルをバイト感覚で続けないかと大和に話がきてめいは嫌だと思いつつもいいんじゃない?って言う。だが、めいの態度がいつもと違うと気づいた大和が問いただしほんとの気持ちをいう。めいは大和に離れていかないでって言う。


おわり



[感想]



愛子がお腹に肉割れがつくほどのダイエットをして大和に振り向いてもらおうと思っていたが、なにも努力してないで大和に好きになられるとか許さない!って最初めいに言ってたけどそんなの知らんがなwwwって感じ。



カイくんがめいに告白して、やっぱり大和の方が好き?とか聞いてくるけど、付き合ってんだから当たり前だろ!!!って感じ。お前と大和は同じ土台にいねぇからwww

てか、よく彼氏がいる女に告白できるなwww


結構軽いキスシーン多い。



全体の内容はほんとありきたりな少女漫画で予想外な展開もなくつまらない。少女漫画で読む分にはいいのかもしれないけど、いくら福士蒼汰川口春奈でも実写化する必要はなかったのでは?と思った。





映画「心が叫びたがってるんだ。」内容 (アニメの方)


幼い頃、成瀬順はおしゃべりな子供だった。ラブホテルのことをお城だと思っていて、そのお城から母親じゃない女性と出てくる父を見てしまう。そのことを母に言ってしまい両親は離婚することになる。父との去り際に「お前のせいだぞ」と言われる。


そして、突然現れた卵の妖精に二度と人を傷つけないようにお喋りを封印され、喋るとお腹が痛くなるという呪いをかけられてしまう。


それからは、携帯のメールが唯一のコミュニケーションの手段になった。


高校二年生になった順は、担任から「地域ふれあい交流会」通称、ふれ交の実行委員に任命される。今まで全く接点のなかった坂上拓実、田崎大樹、仁藤菜月の3人もいっしょに任命される。



それから交流会のクラスの出し物はミュージカルに決定する。しゃべれない奴がいるのにミュージカルなんて出来るわけない!と田崎が言い出しクラスが揉めるが、その時順が「わたしは歌うよ!」と声に出していた。



そして、順の実話に基づいた脚本でミュージカルをやることになる。練習を重ねていきクラスのみんなと少しずつ距離が縮まっていく。順は実行委員のメンバーにも徐々に心を開いていき、坂上のことが好きになっていた。



ある時仁藤と坂上が話しているのを順が偶然聞いてしまう。2人は両想いだった。順は痛い痛いと言っていたが、お腹ではなく、心が痛かったのだ。再び卵の妖精が現れ、「君は心がお喋りすぎる!」と言われる。


それからふれ交当日になって順はヒロインをできないという連絡をして逃げ出してしまう。やっと坂上が廃墟になっていた山の上のお城(ラブホテル)で見つけ出して、順の心に閉じ込めていた気持ちを吐き出させてそれを坂上は受け止める。


ミュージカルは開演していたがなんとか間に合うようにと急いで2人は戻る。順は第5幕で少女の「心の声」役として歌いながらステージに立った。無事にミュージカルは終了する。楽屋に戻った順は他の生徒に温かく迎えられて涙ぐんだ。順は「本当に玉子なんていなかったんだ。呪いをかけていたのは私自身だった」と言う。